履歴書の書き方

 

■ 履歴書とは

■ 履歴書の基本

■ 1ランク上を目指すために

■ 事前準備の重要さ

  

履歴書とは

 

履歴書とは、書面で自分をPRをするもの。

書類審査がある場合は、履歴書だけで審査されてしまう場合が多いです。自分自身がどのような人間で、どんな人生を歩んできたかを相手に伝える、就職活動において必ずと言って良いほど使われるものです。会った事もない人に書面だけでアピールすることは容易ではありませんが、面接時に面接官は履歴書を見ながら質問をする場合もありますし、より具体的にあなた自身をアピールする必要があります。

相手に興味を持ってもらえるような文章が書ければ必ず書類審査は通る事ができるでしょう。

ただし、アピールするために嘘を書く必要はなく同じ人の履歴書を書くにしろ書き方次第で印象は違うと思います。表現方法を工夫したり、丁寧に書くことを怠らず、友達とも意見交換しながら作成することをお薦めします。

 

 

履歴書の基本

 

● やってはいけない事

・鉛筆や色ペンの利用(ボールペンで書くこと)
・時間が無いからといって乱暴な字で書く(丁寧に書くことが大事)
・人に書いてもらう(字が汚くても丁寧に書けば大丈夫)
・誤字、脱字
・嘘を書く

● やらない方が良いと思う事

・修正液で修正
(修正することによって必ず、ダメという事はないがミスのない履歴書の方がきっと印象は良いでしょう)

 

1ランク上を目指すために

● やっておいた方が良い事

・履歴書を1枚ダメにしても良いので下書きしてみて文字の大きさ文章の長さなど綺麗に収まるように調整する。

・会社によって履歴書の内容を変えるのであれば、コピーしておき書いた内容を面接時に復習し向かえる事。

・文章調(「〜です。」「〜だ。」といった語尾など)を統一する。

・アピールできる内容があれば、必ず記載し面接時に面接官を食いつかせると良い。

履歴書の段階で次のステップである面接対策も行えれば最高です。これは、多くの企業は履歴書やエントリーシートを見ながら面接が行われるはず。ここで、面接官が興味を持つ内容が書かれていれば、必ずその内容の質問が来るはずです。そこから、話を膨らます練習をしていけばグッド!!もちろんネタがなければダメだが、最高の履歴書というのは相手に興味をもたせるものです。きっと、あなたにもアピールポイントがあるはずです。なかなかすぐ浮かばない人もいると思いますが、そんな人は友達に相談したりすると良いでしょう。きっと良いアピールポイントを教えてくれると思います。

事前準備の重要さ


就職活動というものは、大学3年の後半頃から始まるイメージがあるはずです。しかし、まだ早いから大丈夫ではなく事前から資格を取ったり自己投資をしておくと自己PRを考える時に楽だと思います。資格というのは、企業から見れば学生生活で頑張って勉強したかどうか判断するひとつの材料です。大学での成績を重視するところより履歴書に記載されている資格の方がアピールポイントが高いはず。

ただ、私は資格や学問だけがPR材料だと思いません。例えば、サークルやバイトでも一生懸命頑張って自分にとってプラスになったという話をすることができる。遊びまくったとしても、友人がたくさんできて・・・など、PRは考えれば何とでもなると思います。大事なのは、充実した日々が送れているかだと思います。自信を持って、面接官にアピールできれば十分です。

是非、貴重な学生生活。思いっきり自分らしさを出して生活してみてください!!